大阪地域密着型学習塾ドリーム・チーム

bg20160519 2otoiawase20160709 1

A+ A A-

【豊中第9ゼミ】夏はどの学年の天王山?

「夏は受験の天王山」と言う言葉をよく耳にしますが、夏休みが大事なのは中3だけではありません!!
今回はその話をさせていただきたいと思います。

【小学生】

小学生の間で最も重要なことの1つは、「勉強の習慣を身につける」ことです。
これが小学生の間に身に付かなければ、勉強以外のことが忙しくなる中学生になった時には、なおさら身に付きません。
長い夏休みの間に、「決められた時間に勉強をする」ということを学ばせることが、これからに大きく生きてきます。

そして、小学4年生の算数は小5・6年の算数の土台となり、小5・6年の算数は中学校の数学の土台となります。
中学生になって数学が得意になれるかどうかは、小4からの算数の出来に大きく左右されます。
さらに、国語の読解力は全ての教科の基盤になります。

学校の進度が止まる夏休みの間に、苦手を克服し、得意を増やせるようにしましょう!
もちろん、遊びからもたくさんのことが学べるので、重要ですね(^^)

【中学1年生】

私は、中学3年間でもっとも重要な時期は、「中1の2学期」だと考えています。
「中3で英語と数学を苦手だと思っている生徒の約7割が、中1の2学期に躓いたと言っている」というデータもあります。

英語の「名詞の複数形」「3人称単数現在のS」「代名詞」、数学の「方程式」「比例・反比例」のように、1学期とは比較にならないほど難しい単元がこれからやってきます。

私も長年塾の教師をやってきましたが、1学期の期末テストで40点を取った生徒の点数を上げることはそれほど難しくありませんが、2学期の期末テストで40点を取った生徒の点数を上げることは、なかなか大変です。

2学期の壁を無事に乗り越えられるかどうかで今後の3年間が違ってきます!
期末テストの結果が思わしくなかった方は、今すぐご相談ください!!


【中学2年生】

中2の2学期に履修する単元は、入試で必ず出題されるものばかりです。
そして、その多くが中1で履修した内容の発展になります。
つまり、中1で履修したことが苦手のままだと、中2でこれから履修することを理解することは非常に難しくなります。
夏の間に、中1内容からしっかりと復習をすることが非常に重要になります。

【中学3年生】

中3の夏が大事なことは言う間でもありません。
部活を引退した2学期以降に成績が上がるかどうかは、夏の取り組み方で決まります。
また、2学期に2回実施される実力テストは、私立の受験校を決める上で非常に重要なテストになるので、その対策も夏の間に行います。

9ゼミの中3生には、授業と自習で7時間の勉強を夏の間はやらせます。
そうすることで、学力と勉強をする体力をつけさせます。


必要な学習量は学年によって異なりますが、どの学年にとっても夏は重要なのです。
9ゼミでは、生徒たちが2学期以降も勉強対して自信が持てるように、夏休みも精一杯指導してまいります。

塾長:柳 良亮 ~努力の上に花が咲く~
℡ :06-6873-8009

お問合せはこちらから
体験入塾や資料請求は、こちらから受け付けております。
どのようなことでも構いませんので、お気軽にお問合せください

otoiawase20160709 1thumbnail toiawase20160516 2

openschoolschedule
muryotaiken20160709
otoiawase20160709 3
自慢の講師陣
sidevoice2
よくある質問
thumbnail toiawase20160516 2

ゼミナールからのお知らせ

学習塾ドリーム・チーム All Rights reserved