DREAM TEAM 採用2018

INTERVIEW

ドリーム・チームメンバーインタビュー

入社4年目

森下雄平さん

  • 入社を決めたキッカケは?
    入社1年目でも、たくさんの業務を任せてもらえて成長できると思ったからです。とにかく頑張りたい人はぜひ!という印象を受けたので、ここだ。と決めました。実際、内定をいただいてすぐにアルバイトとして働かせていただき、入社1年目には、新校舎の塾長を任せていただきました。教室業務のほかにも本部業務をたくさんいただき、教務的な指導だけでなく様々な仕事をさせていただきました。
  • 学生時代はどんなことをしていましたか?
    学生時代は、遊びもしましたが塾講師のアルバイトや家庭教師として指導をしていました。もちろん、担当教科を教えるだけの授業でしたが、この仕事をするにあたって必要なコミュニケーションスキルや、生徒との関わり方を学ぶことができたと思います。大学では、マーケティングのゼミに所属し商品開発にも携わりました。現在、広報を担当していますが、そのときの勉強が役立つ場面もあります。
  • この仕事のやりがいはなんですか?
    塾の先生という職業なので、目の前の生徒や保護者様から感謝されたり、長い時間見てきた生徒の成長を感じられたときに一番やりがいを感じます。自分の頑張りや取り組みが、テストの点数であったり入試の結果であったり、精神的な成長にわかりやすいほど現れるので、自分の仕事が他人に影響を与えている素晴らしい仕事だと考えています。
  • ドリーム・チームに入ってどんなふうに成長しましたか?
    日々の業務は忙しく、簡単にこなせる仕事ではありません。だからこそ、やりがいもあり充実したものになるのですが、入社して4年が経ち、効率良く業務を遂行していく習慣やスキルが身につきました。また、成長していく生徒と常に一緒にいるので、こちらも毎日学ぶことがあり日々、自分自身も成長していると思います。
  • これからの目標を聞かせてください。
    たくさんの生徒たちが成長してきたのを見ているので、できるだけ多くの人に同じ喜びを感じてほしいと考えています。自分が関わる生徒や保護者様はもちろん、後輩やほかのスタッフにも自分と同じような喜びを知ってほしいと思うので、そちらの指導もしっかりできるようになりたいと考えています。

森下さん、ありがとうございました。

ENTRY

エントリーはこちらから

私達と一緒に、働いてみませんか?
ドリーム・チームは、熱意と優しさのある学生を求めています。