ブログ学力アップに役立つ情報などを発信!

【吹田第6ゼミ】みんなでシャーベットを食べました!

2018年7月16日

こんにちは、吹田第6ゼミナール塾長の堀尾です。

 

吹田第6ゼミナールでは、7月2日に理科実験教室をおこないました。

とても暑い日だったのですが、大勢の子どもたちが参加してくれました。

 

どんな飲み物でもシャーベットをつくることができる実験なので、みんなそれぞれ好きな飲み物を持ってきてもらいました。

早くシャーベットをつくりたい!とみんなの顔に書いてあったのですが、まずは今回の実験の原理を説明しました。

 

塩は水に溶けると、「まわりの温度を下げる」「0℃より低い温度で凍る(凝固点降下)」という2つ性質を示します。

そのため、飲み物が0℃より低くなり、シャーベットになっていきます。

 

さて、お待ちかねのシャーベットづくりです。それぞれが思い思いの飲み物でシャーベットを作り始めました。

塩を入れて袋の口をしっかり閉めて、ひたすら振る!振る!振る!

疲れ果てるころには、オレンジジュースや炭酸でできた美味しいシャーベットができていました。

作っているあいだに体が熱くなったのか、ひんやり冷たいシャーベットをとてもおいしそうに食べていました!!

 

自分のつくったシャーベットを食べた後は、他の飲み物だとどんな味になるんだろうと、みんな興味津々でした。

友だちと飲み物を交換して、再びシャーベットをつくる子が多くいました。

ちなみに私はコーラをシャーベットにしました!

 

今回の実験に必要なものはご家庭にあるものばかりです。

ぜひ、ご家庭でもお子さまと一緒にシャーベットづくりをしてください!