キャンペーン情報


当塾では1回あたりの授業を50分に設定しています。多くの塾が1回あたり70〜90分の授業であるのに対して、とても短いです。その理由のひとつは、授業時間が長いとお子さまの負担になりがちだということです。当塾は授業時間を短くしていますので、塾通いが初めてのお子さまでも気軽に始めることができます。また、学習時間を多く確保できることも理由です。週に1回70分の授業を受けるのと、50分の授業を2回受けるのとでは学習時間が30分も違います。しかも2回に分かれているのでスモールステップを刻むことができます。他にも週2回の通塾で3教科を受講できるというメリットもあります。

リーディング・ライティングも徹底指導

小学校や英会話教室では、聞く・話すことの習得はできても読む・書くといった最も重要な力が身につきません。単語を見ても読めない・意味が分からない、発音は分かるけどスペルが書けないのでは、近い将来に苦労することが目に見えています。ドリーム・チームの個別指導では単語の発音を教えることはもちろん、授業中に英文を書く指導をしますので、文法をしっかり身につけることができます。英検に合格することだけが目的ではなく、中学校・高校での英語学習のしっかりとした基礎を作ることができます。将来のアドバンテージのために、今すぐ英語学習を始めましょう。

今年度から実施されている新しい学習指導要領では、今まで以上に「思考力」が重要視されています。では、思考力を身につけるためには何が必要なのでしょうか。それは、考えるもとになる「土台」です。土台なくして思考は生まれません。では、その土台はどのようにつくられるかというと、自分の考えを脇に置いて、素直に先行者を真似ることです。真似て、反復して、それができるようになる。この過程が「学び」であり、特に算数においては非常に重要な行為なのです。当塾の個別指導では、反復演習を徹底することによって、単元ごとに知識を定着させる指導をおこなっており、これから子ども達が要求されていく思考力の土台をきっちりつくりあげていきます。

新しい学習指導要領では、「表現力」すなわち自分の意見を発表する力や、「判断力」も重要視されています。これらの力は「読解力」なくして成立しません。自分の意見を発表するためには他者の意見を理解する必要がありますし、論理的な判断を下すためには根拠となる知識を理解しなければなりません。国際学習到達度調査において、日本の学生は「文章中から情報を取り出す能力」や「関連する語句を探して選ぶ能力」が低いという結果が出ました。それに対して当塾では次のような取り組みを実施しています。まず、漢検受験を必修とし、その学習を通じて語彙を増やします。そして、国語の授業では必ず読解問題を扱って実践演習をしますので、「読解力」を身につけることができます。

勉強が楽しくなるイベントがもりだくさん!

※コロナウイルス対策のため、実施しない場合があります。

読書感想文発表会

理科実験教室

ハロウィン

お問い合わせ